お笑い

江頭2:50の甲本ヒロト熱唱が凄い!エガちゃんバンドにも称賛の声

お笑い

江頭2:50さんが甲本ヒロトさん楽曲を歌っている姿がカッコいいとの声が広まっています!

今年2月にYouTubeでエガちゃんねるを開設した江頭さん。

 

これまでカラオケで歌っている様子が何度か公開されており、どれも素晴らしいものばかりでした。

今回は江頭2:50さんの甲本ヒロトさん熱唱などを中心に紹介したいと思います!

 

それでは早速ですが行ってみましょう~

江頭2:50が歌う甲本ヒロト楽曲が素晴らしい

 

江頭2:50さんが甲本ヒロトさんの楽曲を最初に歌ったのは、2月8日公開の動画でした。

これまで長い芸人人生において、カメラ前で歌ったことが一度もなかった江頭さん。

 

初めてカメラ前で歌う楽曲として江頭さんは、甲本さんが組んでいたTHE BLUE HEARTSの『人にやさしく』を選びました。

江頭さんの人柄が溢れ出ているエガちゃんねるですが、この時点で視聴者は江頭さんの歌がどういう感じか分からない状態です。

 

歌い始める前に江頭さんは「歌は気持ちで歌うもの」とコメントしています。

そして江頭さんが歌い始めると、まさに気持ちで歌う姿が映し出されていて視聴者からは絶賛のコメントが続出しました!

 

別の動画では同じくブルーハーツの『1000のバイオリン』を、江頭さんはまるで甲本ヒロトさんのような魂で歌い上げています。

動画には2000件以上のコメントが並んでおり、江頭さんの歌が視聴者の胸にしっかりと届いていました。

 

歌声を聞けば元気をもらえる、そういった魅力のある江頭さんの熱唱となっています。

江頭2:50は甲本ヒロトのファンだった

江頭2:50さんは甲本ヒロトさんが昔から大好きでファンだったそうです。

江頭さんは甲本さんの書く歌詞が芸人としての姿勢と重なる部分もあると感じているとのことで、確かに生き方は近いものがあるように思えます。

 

自分らしく自分の生き方を貫く江頭さんだからこそ、甲本さんの楽曲を歌ってるだけにならないのかもしれません。

エガちゃんねるによって江頭さんの歌が多くの人に届くことで、勇気づけられた人も多いのではないでしょうか。

 

江頭さんは甲本さんと真島さんにエガちゃんねるに出演して欲しいとしていて、実現すればとてつもない出来事になりそうです!

江頭2:50は沢田研二も熱唱している

 

江頭2:50さんは甲本ヒロトさんだけでなく、ジュリーこと沢田研二さんも歌っています。

ジュリー世代の江頭さんにとっては、沢田研二さんもまた甲本さんと同じく人生において特別な存在だったそうです。

 

実はバラードが好きだと言う江頭さんは、今度はカメラ前で初めてバラードを歌うことに。

選んだ楽曲は名曲として多くの方から愛され続けている『時の過ぎゆくままに』。

歌い始めた江頭さんにはロックとはまた違う大人の男性の静かなカッコよさが滲み出ていて、染み入るものがありました!

 

江頭さんが甲本ヒロトさん(THE BLUE HEARTS)、沢田研二さんの歌を熱唱する姿もまたエガちゃん伝説になるかもしれませんね。

江頭2:50率いるエガちゃんバンドが結成

 

江頭2:50さんがボーカルでスタッフが演奏を務めるエガちゃんバンドが結成されました!

最初に披露しているのは、甲本ヒロトさんや真島昌利さんが組んでいたTHE HIGH-LOWSの『日曜日よりの使者』

江頭さんの人柄とゆかいな仲間たちと言えるような雰囲気に、コメントにも称賛の声が集まっています。

 

アコースティックスタイルでまた一味違う歌を聴かせる江頭さんと、温かい音色を響かせるエガちゃんバンドメンバー。

楽器はアコースティックギター、カホン、エッグシェイカー、鍋となっています。

 

歌が上手いわけでも演奏がプロ級なわけでもありませんが、不思議と元気が湧いてくる日曜日よりの使者でした!

最後に

今回は江頭2:50の甲本ヒロト熱唱が凄い!エガちゃんバンドにも称賛の声と題して紹介しました!

 

エガちゃんねるの登録者数は211万人を超えるなど、芸人さんのYouTubeチャンネルでもトップを争う勢いです。

動画を通して江頭さんの優しさや温かさ、そして面白さが広まっていてファンも増えたのは間違いないでしょう。

 

これからも江頭2:50さんとエガちゃんねるに注目して行きたいですね!

関連記事

お笑いについてはこちらの記事も読まれています!

伊藤沙莉と同居してた兄オズワルド伊藤が仲良すぎ!エピソードも素敵

芸人TAIGAってどんな人?オードリー若林との関係は?なぜぺこぱの師匠なのか

児嶋だよ!の始まりはいつから?きっかけについても調べてみた

もしよろしければ合わせてご覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!