スポーツ

【動画】巨人が2年連続38回目のリーグ優勝も「ヤクルトに失礼すぎる」

スポーツ
引用:Twitter

2020年10月30日に読売ジャイアンツが2年連続38回目のセ・リーグ優勝を達成!異例となったシーズンでしたが、最後は原巨人が抜け出しペナント制覇を決めました。今シーズンを象徴するかのように最後は、2位の阪神が引き分けて巨人の負けがなくなったことで決定。

記事では優勝した巨人の様子やファンの喜びの声、さらに同時に出ている批判もまとめています。

【動画】巨人が2年連続38回目のリーグ優勝!

巨人が2020年のリーグ優勝を決めたのは10月30日のヤクルト戦。3回裏にホームラン王争いを繰り広げる、若き主砲・岡本和馬の第28号ホームランで同点。さらに6回裏には大城卓三のタイムリーヒットで勝ち越すも、8回表にヤクルト・エスコバーの三塁打で同点となる展開。

巨人にとっては5連敗中の嫌な流れが出る試合の流れに。さらに9回裏には2アウト満塁でサヨナラのチャンスに丸佳浩が三振。試合を決めきれずに延長戦へともつれ込みました。一方で横浜スタジアムでは阪神・スアレスが9回裏にDeNA・ロペスに同点ホームランを打たれ、延長戦で試合は決まらずそのまま10回引き分け。

東京ドームでは10回表のヤクルトが0点で終わったことで、巨人の優勝が決定しました。

パーラとメルセデスのユニフォーム出すとか泣ける(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
ビエイラさん今年最高のウホウホでした!!!

胴上げ投手とはならなかったものの、巨人が優勝を決める10回表を抑えたのは今シーズン加入のビエイラ。163キロを記録するなど、貴重な中継ぎ右腕として巨人のブルペンを支えた選手の一人でした。この雄叫びを数多く見ることができれば、来シーズンも少なくとも優勝争いは間違いないはず。

またユニフォームがベンチに持ち込まれていたパーラとメルセデスの両助っ人。パーラは怪我の治療のため、優勝が近づいて来た10月中旬に無念の帰国。メルセデスも10月27日に治療のため事実上の今季終了と発表に。メルセデスはシーズン中にも、無念の降板で涙を流すなど巨人ファンにもプロ野球ファンにも印象的な1年でした。

それだけにこの2選手のユニフォームをベンチに持ち込んだということは、「パーラもメルセデスも俺たちの仲間だ」という巨人ベンチからのメッセージでしょう。メルセデスは来季も残留と思われますが、パーラは退団予定との報道も。それだけにこのシーンにはグッと来た巨人ファンは多かったはずです。

原監督が胴上げされて宙に舞う!

高橋由伸さんからバトンを引き継いで、2019年シーズンから3度目の就任となった原辰徳監督。他のセ・リーグ5球団の監督と比べると、経験の差が如実に出た昨シーズン・今シーズンとなりました。やはり元中日監督・落合博満さん、元阪神監督・岡田彰布さんと渡り合って来た経験は、想像以上に大きいものだったのでしょう。

原監督の胴上げ回数は9回でした。これは2002年・2007年・2008年・2009年・2012年・2013年・2014年・2019年・2020年と監督として9回目の優勝から来ていると思われます。現在の社会情勢を踏まえ胴上げは手袋をしたスタッフが担当。いろんな意味で印象に残るシーズンと胴上げになりました。

10回表終了時に喜ぶ巨人ベンチ「失礼」

巨人の2020年セ・リーグ優勝が決まったのは、横浜スタジアムとの兼ね合いもありヤクルトの10回表終了時点。まだ試合中で裏の攻撃があるにもかかわらず、ベンチから出て来てファンに挨拶する巨人に「紳士なんて遠い昔の話」との声も出ています。

2002年に原監督の第一次政権時代にも、巨人が試合中に優勝を決める展開がありました。このときは甲子園球場で相手は阪神タイガース。ビジターということもあってか、その時は今回のように試合中に挨拶などありませんでした。

東京ドームだから気が緩んだのか、ヤクルトファンや10球団のファンからすればカチンと来る出来事と言えます。スポーツマンシップに欠けていると言われても仕方ない、巨人だったら許されるのか。ヤクルトのベンチやファンからすれば「まだ試合終わってないのに」と思うのは当然でしょう。

試合中にそれはちょっと……
終わって喜ぶのはいいと思うんだけど、まだ試合中ですよ!

相手があるスポーツなんだから、終わってから喜んだらいいんじゃないかと感じてしまう
巨人だからではないですよ!

巨人のどこが紳士なのか教えて欲しい。
試合中、引き分けの状態で対戦相手待たせながらファンに挨拶とかふざけてるのか……
最低限の敬意すらないのか。
巨人優勝。まだ同点で試合中なのに、そして、ヤクルトが守備位置についてるのに、ベンチの前に出てハイタッチで大はしゃぎ、試合が終わったら今度は原が全員と熱いハグ、その後、手袋をして胴上げ、、、色々違うぞ紳士の巨人軍さん。ソフトバンクは胴上げなしでしたよね。

巨人に先駆けて10月27日に優勝を決めたソフトバンクは、工藤公康監督の胴上げはなし。ハイタッチと万歳三唱という最低限の喜びで優勝を祝いました。王貞治さんがソフトバンク(ダイエー)の監督に就任してから25年。紳士たれの精神はもはや巨人・読売ジャイアンツではなく、ソフトバンクホークスにあるのかもしれません。

せっかくの優勝がこういった形で、最後の最後に批判されるのはもったいない。悪気はなかったのでしょうが、巨人には反省してほしいリーグ優勝決定の瞬間となりました。他のセ・リーグ5球団のファンからすれば「悔しいけど強かった。優勝おめでとう」そう言わせて欲しい。誰だってケチなどつけたくないはず。

【動画】優勝は元・巨人ロペス・ラミレスのアシストで決まる

巨人が10月30日のヤクルト戦に引き分けで優勝するには、阪神が勝たないことが条件でした。その阪神は冒頭でも紹介したように9回裏2アウトまで2点リード。ところがロペスの起死回生同点2ランで、巨人が10月30日に優勝を決める可能性が大きくなることに。

ロペスは2013年・2014年シーズンに巨人に在籍。まずまずの成績を残していたにも関わらず、自由契約となり2015年からはDeNAに移籍しています。その後は30本塁打以上を3度記録するなど、ベイスターズの歴史に残る外国人選手に。

それでも巨人への愛情が残っていたのか、土壇場で巨人のライバル阪神相手にジャイアンツ優勝への名アシストを決めたロペス。2014年オフに放出してなければ、今日の優勝はなかった・・・かも。

ロペスの同点ホームランに終わらず、延長10回表にも元巨人によるアシストが。2アウト満塁から阪神・植田海への押し出しデッドボールで阪神の勝ち越し!と思いきや、こちらも元巨人・DeNAラミレス監督のリクエストで判定が覆りファールに。これもすべて巨人愛が止まらない原辰徳監督の手腕か?

コメント

error:Content is protected !!