政治

大久保三代「夫・愉一と離婚できらきら40代に」障がい者への問題発言も

政治

京都市に住む女性を安楽死させたとして逮捕された、大久保愉一容疑者の妻である大久保三代(みよ)元衆議院議員が更新したブログに注目が集まっています。最近では宮城県名取市長選に出馬するなど政治家活動を行っている大久保みよ氏ですが、ブログを見ることで人物像が見えてきました。

過去の大久保三代(みよ)氏の発言も合わせて掘り下げていきたいと思います。

大久保三代「(離婚したら)きらきら40代にしよう」

大久保みよ氏は1976年7月27日生まれで今年44歳です。大久保愉一容疑者との間には2012年に子供が産まれて(参照:大久保みよ公式HP自己紹介)います。同じく2012年に衆議院議員選挙に自民党から出馬すると、選挙区では落選していますが比例当選で国会議員となりました。

そんな大久保みよ氏ですが、夫である大久保愉一容疑者が逮捕されたのを受けて連日自身のブログを更新しています。ブログの内容は落ち着いたら離婚するということや、さらにきらきら40代になって恋もしようと書かれていました。

三代氏によると大久保愉一容疑者はアスペルガー症候群だったとのことですが、夫に障がいがあったことを理由に自分が苦労してきたことを伝えようとする文章になっています。愉一容疑者の逮捕について関与していない三代氏に直接の責任はありませんが、ネット上では「まずは子供のケアを最優先してあげて欲しい」という声も出ていました。

逮捕された大久保愉一容疑者 引用:クリニックHP

診療所廃業に伴う残務整理が終わって、必要な名義変更ができたら夫と離婚する。と考えたら、ちょっと元気でた。もう、アスペ息子の世話から解放されるのです。27日は、44歳の誕生日。また恋だってできる。きらっきらの40代にしようと決めた。

引用:https://ameblo.jp/okb-34/entry-12612981125.html

大久保三代がブログで障がい者へ問題発言も

大久保三代(みよ)氏は夫・大久保愉一容疑者について先ほど引用したようにアスペ息子と表現しています。これだけでも問題のある発言と見られますが、ブログを見ていると他にも夫への発言を繰り返していました。

何をいってもきかず、自分のやりたいようにしかやらない約束は平気で破る何をやっても続かない。すぐ職場やめるすぐパニクって、自分のことばかりになる。そんなアスペルガー症候群の夫のために、一生懸命根回しして夫の不始末をお詫びしてまわる、そんな日々だったなあという記憶しかない。

引用:https://ameblo.jp/okb-34/entry-12612981125.html

私が自民党から衆議院選挙に出た理由のうちの一つは「アスペルガーの夫でも、政策秘書なら、厚労省勤務経験を生かしてやっていけるかも」という思いからでしたが、0歳児抱えてぼろぼろのどぶ板の末、議席を得たのに、夫は秘書の仕事をやる約束を破りました。自民党は家族親族総出で、政党に奉仕しないといけないけどアスペルガーの夫にはつとまらなかったのです。

引用:https://ameblo.jp/okb-34/entry-12612944342.html

みよ氏はアスペルガー症候群と絡めて秘書の仕事をやる約束を破ったとしています。しかし夫・大久保愉一容疑者が守らなかっただけであり、アスペルガー症候群の夫だからつとまらなかったというのは少し違うのではないかと考えられます。わざわざ障がいを持ち出す必要性は感じられません。

ブログの中で全ての方が問題を起こすとは言っていないと書かれていますが、それであれば夫は約束を破った・守らなかったとだけ書けばいいのではないでしょうか。

大久保三代と夫・大久保愉一の夫婦仲は冷え切っていた

大久保三代氏の夫・大久保愉一容疑者が匿名で使っていたTwitterアカウントは、すでに特定されています。ツイートを見ていくと妻のみよ氏への不満も書かれており、夫婦仲は冷え切っていたものと推測できるでしょう。

三代氏の公式サイトによると平成23年(2011年)結婚と書かれており、ツイートに書かれている嫁が大久保三代氏であることが分かります。

「先生、春からいなくなるんだってね。これ餞別」と婆ちゃんからくしゃくしゃのティッシュをもらった。「あとでみてごらん」と言われて開いてみると、「縁むすび」のお守りが。。。嫁はもうこりごりだってば。
嫁募集。(二次元的でない意味で)
2011年に大久保みよ氏と大久保愉一容疑者が結婚、2012年子供が産まれる、そして2013年には嫁募集とツイート。2020年まで逆に7年間離婚しなかったのが不思議にも感じますが、そこはやはりお子さんの存在が大きかったのでしょう。

大久保三代は議員時代の発言も注目されていた

大久保三代氏は2012年から2014年まで自民党の衆議院議員として活動していました。この当選したときの選挙は民主党政権から自民党政権に再交代したときで、第2次安倍政権がここから始まっています。

みよ氏は当時自民党幹事長だった石破茂氏に対して「ストレス性イシバ症候群」としてこういった発言をしていました。

「説教したって無駄なのにさ、あー胃が痛い」

その後に行われた2014年の衆議院選挙では自民党から公認を得られず、続いて仙台市議会選挙や仙台市長選、さらに冒頭で紹介したように名取市長選に立候補するも落選が続いています。再び政治家として大久保三代氏が当選する日は来るのでしょうか。

コメント

  1. mm より:

    今朝、髪をかきあげたら

    真っ白になっていました。>

    自己中のヒロインシンドロームブロガーです。

error:Content is protected !!