生活

オンライン授業の問題点と良い点を徹底解説!新たな学びのきっかけに

生活

オンライン授業に関しては小学校・中学校・高校・大学・塾などで、急ピッチで整備が進められています。

学校、先生、生徒、保護者それぞれが協力しながら環境作りを行っていますが、同時に問題点も少しずつ見えてきたようです。

 

そこで今回はオンライン授業の問題点や逆に新たに生まれる良い点について、現在出ている情報をもとに紹介したいと思います。

それでは早速ですが行ってみましょう!

オンライン授業が抱える問題点とは?

 

オンライン授業は自宅に居ながら授業を進められるということで、社会人のリモートワークと同じく注目されています。

全員がスムーズに受けられるのが理想ですが、まだそこまで整備できていないのが現状です。

 

私立や公立、大学と小学校でも問題点は変わりますが、この記事で紹介するのは代表的な例になります。

オンライン授業の問題点1:生徒の情報がリアルタイムで分からない

オンライン授業を画面越しの対面ではなく動画などで行う場合は、授業を受けている生徒の様子は当然ながら見えません。

先生側からすれば生徒が授業についてこれてるのかは、メッセージのやり取りや提出された課題・宿題を見て判断する必要が出て来ます。

 

教室であれば生徒の様子を見てサポートも出来ますが、配信された動画を見て勉強するタイプだとそれが分かりません。

授業について来ている生徒であれば大丈夫ですが、分からない点などがある生徒へのサポートは問題や課題と言えそうです。

オンライン授業の問題点2:インターネットに慣れてない人が意外と多い

そもそもの部分になりますが、オンライン授業をする上でインターネットの扱いに慣れていない方も居ます。

小学校低学年の場合だと設定は保護者の方が行うことになると思いますが、アプリのインストールなど準備に最低限の知識が必要に。

もちろん学校側も設定などに関して説明してくれるはずですが、それでも分からない場合や不安な方も多いようです。

 

Zoomなどで対面しながらオンライン授業を行う場合は、マイクやカメラがあるか?などのチェックも必要になります。

インターネットに慣れていない方へのサポートも考慮する必要がありそうです。

関連記事

この記事ではパソコンにカメラやマイクが内蔵されているか確認する方法について紹介しています。

小学校のオンライン授業で必要なものは?【カメラ&パソコン】

オンライン授業の問題点3:勉強は机・教科書・ノートという固定概念

オンライン授業を例えばZoomで対面しながら行っている場合は、画面の反対側から様子を見て「ああ、授業中なんだな」と分かります。

しかし授業の動画を見ていたりテキストを読んでいる場合は、YouTubeを見てるのかインスタを見てるのか授業を受けてるのか分からないことも。

 

極端な例を言えばソファーに座ってイヤホンしながら受けている場合もあると、保護者の方が分かっておくと誤解せずに済む事があるかもしれません。

また生徒側も保護者に説明しておくと勘違いを防ぐことが出来そうですね。

関連記事

Wi-Fiやデータ通信量(ギガ不足)になどに関しては別の記事でまとめています。

もしよろしければご覧ください!

オンライン授業に必要なものは?スマホやタブレットの注意点も紹介

オンライン授業によって生まれる良い点も

 

ここまでオンライン授業についての問題点を紹介してきました。

確かに問題点もありますが、良い点・メリットももちろんあるので見て行きたいと思います。

オンライン授業の良い点1:時間の管理を学ぶことが出来る

オンライン授業と普段の授業の一番の違いは学校と自宅ですが、それはつまり登下校の時間がいらなくなったという事です。

学校と自宅の移動に30分かかる場合だと、1日の中で使える時間が1時間増えることになります。

 

対面ではなく動画タイプだと、いつ授業を見ていつ宿題・課題をするかも考える必要があります。

時間の管理をするという新しい学びを勉強できる機会が生まれるのは、オンライン授業ならではの良い点ですね。

オンライン授業の良い点2:将来的にはどこでも授業を受けられる新しい形に

今回は自宅で学校や塾の授業を受けられるという視点から始まりました。

しかし現在進めている整備をさらに進めて行けば、将来的に多様な形で授業を受けられることに繋がります。

出席している・していないの判断も、教室に居る・居ないではなく授業や講義を見てる・見てないで判断するという事もオンライン授業なら可能です。

オンライン授業の良い点3:家族が授業中の子どもの様子を知ることが出来る

学校で子どもが授業中どういった様子なのかは、先生との面談で話を聞いたり授業参観でしか基本は知ることが出来ません。

ところがオンライン授業の場合だと、子どもがどういった風に授業を受けているのか知ることができます。

 

自宅と教室で全く同じということは無いかもしれませんが、垣間見ることはできるのではないでしょうか。

また先生がどういったやり方で授業を進めているのかも知ることができる貴重な機会かもしれません。

最後に オンライン授業の問題点と良い点

今回はオンライン授業の問題点と良い点と題してまとめて紹介しました!

改善していく必要がある点もあれば、今だからこそ出来る経験もあり、今後も注目していきたい事の一つと言えそうです。

 

関連記事

Zoomで行う場合はどういった準備が必要になるのか?も紹介しています。

もしよろしければご覧ください!

Zoomのオンライン授業で必要なもの【パソコン・スマホ・タブレット】

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!