生活

西郷孝彦氏は現在どうしている?定年後も校長を続けたい理由とは

西郷孝彦さんは世田谷区立桜丘中学校で2010年から2020年3月まで校長先生として働かれていました。

定年退職となった西郷さんは現在どうしているのか、また今後はどうしていく予定があるのか。

 

今回は西郷孝彦さんについてまとめましたので紹介したいと思います!

それでは早速ですが行ってみましょう~

西郷孝彦氏は校則をなくした中学校で有名に

 

西郷孝彦さんが有名になったのは、中学校の校則をなくした取り組みが知られたことからでした。

校長に赴任すると、制服でも私服でもいい、学校にスマホ持ってきてもいい、チャイムもない、授業の参加は自由など校則がない学校を作り上げます。

 

私立の学校であればまだ分かりますが、何よりも凄いのはこれが公立の学校だということ。

構想はあってもなかなか実行は難しいようにも思えますが、西郷さんは最前線に立ち続けて次々に実現させて行きます。

 

法律は守る必要があるが校則はない、そうした世田谷区立桜丘中学校の校長として西郷さんは次第に有名な存在になりました。

西郷孝彦氏はNHKでも取り上げられて話題に

西郷孝彦さんは2020年5月11日にNHK『ノーナレ』でも密着取材の様子が放送されました。

2019年夏から2020年3月まで西郷さんが校長として最後に過ごす日々に密着されています。

また、以前には同じくNHKの『ウワサの保護者会』でも特集されており学校関係で悩みを抱える方には知られた存在でした。

 

ノーナレでは桜丘中学校で西郷さんがどのように生徒と接しているか、生徒はどのように学校で過ごしているか紹介されています。

生徒それぞれが自立しながら学校生活を楽しんでいる様子がとても印象的な放送となっていました。

 

西郷さんの仕事場である校長室も出入り自由で、教室がちょっと居ずらかったり西郷校長と話したい生徒が集まってきます。

全国ネットでこの自由な校風が紹介されたことで西郷さんはさらに話題となりました。

西郷孝彦氏は現在どうしている?

 

西郷孝彦さんは現在すでに冒頭から紹介しているように、世田谷区立桜丘中学校の校長を定年退職されています。

しかしこの数年間で一気に多くの人に知られたこともあってか、西郷さんは現在も講演会などで活動を続けていました。

 

現在はリモートでの活動という形になっていますが、逆に全国どこからでも話を聞けるチャンスとも言えそうです!

講演会では学校について、教育について、子どもについてなど西郷さんの視点から語られています。

 

いわゆる一般的な考えとは一線を画す西郷さんの考えに、多くの方が驚いたり共感したりしているようです。

西郷さんは現在も、というより校長を退職したことでさらに活動の幅を広げていました。

西郷孝彦氏には校長の打診もあった

西郷孝彦さんは3月で桜丘中学校の校長を定年退職していますが、他の学校から校長の打診もあったそうです。

しかし校長先生として勤務している間は、桜丘中学校のことや生徒のことだけを考えたいという意向で断ったと記事で発言しています。

「在職中に辞めた後の身の振り方を考えるのは、目の前にいる子どもたちに失礼だと思ったのです。とにかく、最後まで生徒のために走り切ろうとだけ考えていました」(西郷さん)

4月から別の学校で校長として迎えたいという申し出もあった。しかし、「いまは考えられない」と、西郷さんは首を縦に振らなかった。

 

定年退職してからのことは定年退職してからと前から決めていたんですね。

そのため西郷さんから現在は先生という肩書きが外れています。

 

NHKで放送されたノーナレでは、最後の最後まで生徒と一緒に居る姿が映されていました。

校長室に飾られている歴代校長の写真も、西郷さんはカメラが好きな生徒が撮影した写真となっています。

西郷孝彦氏が定年後も校長を続けたい理由

 

西郷孝彦さんは定年後の構想についてもインタビューで答えています。

今後これまで桜丘中学校だけにあった校長室を、インターネットを通じてオンラインで作りたいとのことです。

「日本中の子どもたちの居場所を作りたくて、ネット上に“バーチャル校長室”を作ろうと考えているんです」(西郷さん)

 

学校に行っている子も、いろんな理由で学校に行っていない子も、住んでる場所も関係なく集まれる場所。

西郷さんが定年後も校長を続けたいのはこうした理由でした。

実現したら多くの子どもにとって安らぎの空間となりますね!

 

西郷さんが現在すでに動いているのかは明らかになっていませんが、子ども達に向けた活動を続けていくのは間違いなさそうです。

西郷孝彦氏の経歴プロフィール

プロフィール

最後に

今回は『西郷孝彦氏は現在どうしている?』と題してまとめて紹介しました!

 

西郷さんは現在も子どもや保護者への発信を続けていて、学校や教育に関して意見を述べています。

まだまだ驚きを持たれる校則なしという考えですが、校長として迎える打診があるように教育関係者からの関心も高くなっているようです。

 

今後も西郷さんの言葉をいろんなところで耳にする機会があるといいですね!

関連記事

学校についてはこちらの記事も更新しています!

オンライン授業の問題点と良い点を徹底解説!新たな学びのきっかけに

もしよろしければ合わせてご覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!