Twitter・トレンド

【動画】「みなさんこんにちは。ガースーです」菅総理が大スベりしてしまう「ガースー黒光り内閣」

Twitter・トレンド
引用:Twitter

内閣総理大臣の菅義偉首相が、ニコニコ生放送の番組で「ガースーです」と笑いながら挨拶をした動画が話題になっています。この大変な社会状況の中において、ものすごく能天気な発言に呆れる国民が続出中。支持率も低下するばかりですが、スベってることを教える側近はいないのでしょうか。

菅総理が「ガースーです」に「絶対に笑えない24時」

菅総理のガースーは元々ネット上で使われていた呼び名でしたが、現在では本人公認となっています。ガースーといえば『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』においてお馴染みの、菅賢治さんを思い浮かべる方も多いでしょう。

年末ということもあってか、絶対に笑ってはいけない24時に擬えたツイートも見受けられます。ニコニコ生放送では女性の笑い声が聞こえていますが、菅総理を前にして冷たく対応もできないでしょう。一方で映像を見ているゴゴスマの石井アナは真顔となっています。

渡辺輝人さんがツイートされているのは、千と千尋の神隠しからの引用ですね。湯婆婆のネーミングセンスが光ります。

「ガースー」のイントネーションに違和感?

菅総理本人によるガースー披露でしたが、イントネーションに違和感を覚える人も。先ほどの動画を聞いてもらえると分かりますが、ガーで上がってスーで下がっています。GoToの発音と一緒というツイートもありましたが確かに同じ。

先日の鬼滅の刃のセリフ「全集中の呼吸で」も大スベりでしたが、「これやったら総理ウケますよ!」と誰かがアドバイスしてるのかもしれません。間違えた方向で流行り物に乗っかるおじさんの姿そのもので見てられないのは私だけでしょうか・・・。

「ガースーです」がスベった原因について冷静な分析

菅総理がボケたところ笑ってくれたのは、その場に居合わせた女性のみという状態になった「ガースーです」。Twitterでは何故このようなことになったのか、冷静に分析している方も見受けられました。ネットで流行ったものをテレビが使うと、途端にネット民は冷めていくパターンと同じということですね。

安倍前総理が星野源さんとのコラボ失敗を思い出す人も

菅総理はここまで鬼滅の刃・ネット民とのコラボに失敗していますが、安倍前総理で忘れられないのが星野源さんとのコラボ失敗です。星野源さんが「うち(家)で踊ろう」という動画を公開して、様々なアーティストが自宅から演奏したりダンスしたりするコラボが賞賛されました。

そのことに目をつけたのか、安倍前総理もコラボに意気揚々と参加します。しかしその動画の内容は豪華なソファーに座りながら、一緒に暮らしている犬と戯れているだけ。結果として「総理としての仕事は?」と炎上することになりました。

今回の「みなさんこんにちは。ガースーです。」には、同じ匂いを感じるという人も。

コメント

error:Content is protected !!