竹内麻理亜(香川県高松市)娘2人車内放置

竹内麻理亜(たけうちまりあ)「嘘の連続も全部バレる」香川県高松市

竹内麻理亜(香川県高松市)娘2人車内放置
引用:FNNプライムオンライン

2020年9月3日午後12時頃に香川県高松市の路上で、竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者が119番通報したところから発覚した姉妹BMW置き去り事件。当初はこれほどまでに竹内容疑者の言動がひどいものだとは思われていませんでしたが、約15時間に渡って娘2人を放置したまま遊んでいたことが判明。

その後は出る情報、出る情報どれもが二児の母親とは思えない内容ばかりです。用意周到な準備、嘘だらけの供述、責任逃れのアリバイ工作・・・。竹内麻理亜容疑者の足取りを追いながら、事件について改めてまとめながら掘り下げていきたいと思います。

竹内麻理亜容疑者のプロフィール

名前:竹内麻理亜(たけうちまりあ)

年齢:26歳

住所:香川県高松市川島東町

職業:無職(専業主婦だったか)

家族構成:本人、夫、長女、次女の4人家族

性格:自分のことが大好き

竹内麻理亜容疑者は9月2日に遊ぶと決めていた

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は娘の通う幼稚園に、9月第一週は休ませると事前に連絡を入れていました。9月1日は火曜日、4日が金曜日なので計4日間休んでいたことになります。「私のためなら娘の幼稚園なんて休ませればいい」母親の都合で幼稚園に行けず友達とも会えない。

竹内容疑者にとっては何よりも、自分が楽しいこと、自分が満足することが大切だった。「娘のことを優先して私が我慢するとかあり得ないわ」そんな風に思っていても竹内まりあ容疑者であれば納得が行きます。

引用:FNNプライムオンライン

「お母さん、幼稚園に行きたい」たとえ娘がお願いをして来たとしても、「今週は幼稚園には行けないのよ。(だって私が遊ぶんだから)」と聞き入れられることは無かったでしょう。そして9月2日の21時前に愛車BMWを走らせて、高松市の繁華街である瓦町付近へと向かいます。

竹内麻理亜容疑者は幼稚園では評判のいい母親

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は、娘の通う幼稚園ではPTA役員を勤めてたと地元関係者がネット上に書き込みを行なっています。

引用:爆サイ

同じく子どもを幼稚園に通わせている親御さんや、先生たちからも評判のいい母親だった竹内容疑者。しかしもちろんこの姿は偽りの仮面をした姿です。もし本当に教育への関心が高くてPTA役員をしているとすれば、いつもいつも男が好きそうな可愛らしい格好をしている必要はない。幼稚園で浮気相手を探していたとすれば、男受けのする格好も辻褄が合いますが・・・。

そうした格好で目立つことで「竹内さん」の存在を知ってもらえます。女性でも思わず見てしまうのも仕方ありません。「私のこと見てる・・・!」これで承認欲求が満たされますし、そこにPTA役員も加われば「偉いお母さん」とさらに褒められて承認欲求は倍々ゲームです。

引用:日テレNEWS24

竹内容疑者は現在26歳。娘さんは6歳ということで単純計算すると20歳で出産したことになります。親になることを理解しないまま欲望に任せて、母となってしまった若い女性は実際に多く居るのが実情。竹内容疑者にとっても最初は愛する相手との子どもで嬉しかったはずです。

しかし竹内容疑者の行動を見ていると、まだまだ母親ではなく20代前半の女である部分が勝っていたのでしょう。そうする内に娘への愛情よりも、男から「可愛い」「素敵だ」とアタックされた日々が懐かしく思えてきたのかもしれません。周りの同年代は遊んでいるのに、自分だけ子育てに追われて何もできない日々にストレスが溜まり始めた可能性も伺えます。

引用:テレ朝NEWS

「どうして私だけこんなしんどい思いをしなくちゃいけないの?」子どもを育てることを甘く見ていた、理解していなかったのでしょう。竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は年齢こそ重ねていても、中身は学生のままだったようです。

竹内麻理亜容疑者がBMWを止めて遊びに出かける

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は2020年9月2日、香川県高松市常磐町2丁目にBMWを止めると夜の街へと姿を消すことになります。竹内容疑者が幼稚園を休ませてまで予定していた飲み歩きは、BMWの車内に娘2人を待たせたままです。

引用:日テレNEWS24

竹内容疑者がBMWを止めていたこの香川県高松市常磐町2丁目という場所は、地元の方によれば中心部から離れており飲みに行くなら不便な場所と言います。

引用:爆サイ

事件現場の近所です。
高松の居酒屋は朝5時には、ほとんど閉まります。
ここの駐車場、飲み屋街に行く人が停めるような場所じゃない。中心部にも駐車場沢山あるし、あえてここを選んだのは子供達が居るのがバレないようにだと思う。あと、長時間停めるには安いからすぐ帰るような人は使わないし、あまり知られてないから、普段から使ってたんだと思います。
住宅街だし、前から壁に向かって駐車されてたら車内気づかれない。
せめて街中の駐車場なら、立体駐車場も多いし、人の出入りもあるから子供が泣いてたら気づいてもらえた可能性高いです。(後略)

人気(ひとけ)のない場所の駐車場をわざわざ選んで、車を止めていた竹内容疑者。「もし街中に止めて娘を放置してるのがバレたらヤバい。ここなら見つからない。」こうした思惑だったと見ることが出来ます。

引用:FNNプライムオンライン

もしくは「せっかく楽しみにしてた飲み歩きなのに、娘のせいで中途半端になったらテンション下がる。」竹内容疑者であれば、これぐらいヒドい発想だったかもしれません。今回の事件で一貫してブレていないのは、竹内容疑者が娘の心配をしていた様子がないという部分です。

BMWにはチャイルドロック機能があり、娘さんは外に出れなかった可能性が高くなっています。またロックをかけると内側からドアを開けられない機能もあるとされており、竹内容疑者は自分に都合よく使っていたのでしょう。「お利口にして待ってるように」と圧力をかけている姿も容易に思い浮かびます。

人通りが少ないところにBMWを止めて、娘も外に出ないようにした。様々な状況が約15時間のあいだに訪れていたはずです。しかし竹内容疑者にとっては、車内で待つ娘2人の心境など問題ではなかった。

「やっと飲みに行ける!」竹内麻理亜容疑者が心待ちにしていた、そして半日後には大きな事件となる9月2日の夜が始まりました。飲酒運転になることなどは、頭の片隅にも無かったと思われます。

竹内麻理亜容疑者の9月2日から3日の行動

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は、9月2日午後9時頃に1件目の飲食店を訪れていました。監視カメラの映像から2件目までは、1人で訪れていたことが新たに判明しています。その後、3件目で知人男性と合流してそのまま男性宅へと移動。お昼12時頃まで一緒に居て解散。ここまでが現在判明している竹内容疑者の行動です。

  • 9月2日21時頃、飲食店に入る
  • 9月3日早朝(5時頃?)3件目で合流した知人男性と店を出る
  • 9月3日朝 知人男性の自宅に居た
  • 9月3日午後12時半頃 車に戻った竹内容疑者が娘2人を発見

引用:テレ朝NEWS

知人男性が浮気相手なのか、本当にただの知り合いなのかは不明です。しかしどちらだったとしても竹内まりあ容疑者は娘のことなど考えていなかった。「今から家いっていい?」などと甘えながら言っていたのかもしれません。

女として見られたい。母親としての竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者の姿はどこにもありませんでした。そして知人男性との楽しい時間を終えて車に戻ると、竹内容疑者は自分がやったことを隠す作業に追われることとなります。

竹内麻理亜容疑者は車を移動させてから119番通報

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は、知人男性の自宅から車に戻ると6歳と3歳の娘2人の様子がおかしいことに気がつきます。そもそも子どもを車に放置などしませんが、一旦横に置いておいて普通であれば真っ先に119番通報をして救急車を呼ぶでしょう。

しかし竹内容疑者が最初にやったのは、駐車場に止めてある車を民家の前に移動させることでした。そして119番通報すると竹内容疑者は「ちょっと車から離れてた」「持病のため2時間行っていた」と説明しています。駐車場に止めていると料金で嘘がすぐ発覚してしまう。「とりあえず車動かさなきゃ・・・!」と焦っている竹内容疑者の姿が思い浮かびます。

引用:FNNプライムオンライン

この民家の男性が帰ってくると竹内容疑者の車が邪魔で止められない。思わずクラクションを鳴らすと竹内容疑者が「熱中症なんです!」と助けを求めました。心臓マッサージもしていたとのことで、娘を救おうと必死だったのでしょう。

助けを求めたのが100歩譲って駐車場であれば、常識のない母親という印象までだったかもしれません。しかし場所は車を移動させた民家の前です。なぜ先に駐車場から出るのを優先しているのか。「(このままじゃ私が悪者になるから)助けてください!」しかし竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者の願いは叶いませんでした。

防犯カメラから竹内容疑者のトイレに2時間行っていたという嘘はすぐにバレます。さらに竹内容疑者は飲食店には、週3日前後訪れる常連客だったことも判明。「私は悪くない。だっていつもなんとも無かったし。」とでも思っていたのか、当初取り調べには黙秘をしていました。

引用:OHK岡山放送

正常な判断が出来なくなっておかしくない状況で、咄嗟にアリバイ工作ができてしまう竹内容疑者。その裏には普段から嘘をつき人を騙し、素敵な自分を演出することに慣れている姿が見え隠れしていました。そしてその対象には他人だけでなく、夫も含まれていた可能性があります。

竹内まりあ容疑者は普段から嘘の常習犯だった

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は、119番通報でも警察への供述でも嘘をついていました。とにかく自分の保身を娘よりも最優先する竹内容疑者。普段から立場が悪くならないように、嘘をつくことに抵抗は全く無かったようです。

事件当日に一緒にいた男性には子どもを待たせていることは告げておらず、顔なじみの店員には「子どもは預けてきている」と説明。状況に応じて嘘を使い分けることも得意でした。別の友人は子どものことは一切言っていなかったとも話します。

また、この店でこれまでに数回、竹内容疑者と一緒にお酒を飲む機会があったという男性は「一緒に楽しく飲める友だちだった。子どもの話を聞いたことがなかったので子どもがいるとは思わなかった。ニュースを知ってショックです」と話していました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200905/8030007895.html

引用:日テレNEWS24

竹内容疑者にとっては娘がいることで、自分の女としても魅力が減ってしまうと感じていたのでしょう。「子持ちの女なんて男から興味持たれない。」とことん竹内容疑者にとって娘は邪魔な存在だったことすら考えられます。

その一方で、したたかさも持ち合わせている竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者。嘘の内容に娘を使うことで夫を上手く騙して遊びに出かけていた可能性も指摘されています。

引用:ガールズちゃんねる

「今日は2人連れて実家行くから、羽伸ばしておいて。」そんな風に演技でもしていたのか。そして遊びに行った先では「子どもは預けてる」と嘘の説明。竹内容疑者にとって娘は何ものにも代え難い存在などではなく、自分の良いように使える存在だったことも伺えます。

引用:日テレNEWS24

救急車で娘が運ばれていく、駆け寄りながら一緒に乗り込むのが普通です。しかしそこは娘への愛情など感じられない竹内麻理亜容疑者。そんな状況でも遠くから眺めるだけでした。「私これからどうなるんだろう・・・」と自分の心配でいっぱいいっぱいだったのでしょう。

(前略)救急車で運ばれていくとき、竹内容疑者は遠巻きに見るばかりで、救急車にさえ乗らなかったという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/8ba3c89bfa66a5ff6468acfb3a0c6ed2a407d0e9

追記 竹内麻理亜容疑者は嘘で母親も騙していた?

これまで数多くの嘘が判明してきている竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者。その後の調べでは驚くことに、竹内容疑者の母親にも伝えていなかったことが分かっています。

2日は実家から2人を車に乗せて飲食店に向かったという。しかし、県警の任意の聴取に対し、竹内容疑者の実家の母親は同日夜に飲みに行ったことは知らなかったと話している。一方で、夫も酒を飲みに行ったことは知らず、実家にいると思っていたと説明しているという。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18870767/

これまで2日の夜に自宅から娘を連れ出していたと思われていましたが、実は前もって実家に居た竹内容疑者と娘2人。夫にはやはり「実家に行く」と嘘をついていたようです。その一方で母親につく嘘となると「家に戻る」という、夫と逆のパターンなどが考えられます。

竹内容疑者は娘は幼稚園を休ませていました。朝まで飲み歩いてそのまま幼稚園に連れて行くつもりだった可能性は0です。となると娘を実家に待たせておかず、BMWに乗せて連れ出す理由が何かあったはず。これまで見てきた竹内容疑者の言動は基本的に自分中心でした。

「娘を車で待たせておけば、実家に迎えに行かなくてもそのまま帰れるじゃん」そんな理由だったとしても、もはや竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者であれば驚かない。もしくは「娘を置いて朝帰りしたらお母さんに怒られる」かもしれません。

引用:日テレNEWS24

9月13日追記 竹内麻理亜容疑者「飲みに行けずストレス」

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者が、最近はあまり飲みに行けずストレスがあったと供述しています。夫や両親に預けて飲みに行っていたようですが、その回数が減っていたようです。現在の社会状況を踏まえて・・・というわけではなく、「飲みに行きすぎ」と咎められた可能性も考えられます。

(前略)以前から夜に1人で外出し、飲酒を繰り返していたことが捜査関係者らへの取材でわかった。姉妹を自宅や実家に預けていたが、「(最近は)なかなか飲みに行けず、ストレスがあった」とも話しているといい、香川県警が詳しく事情を聴いている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4f8c22808eef232caddc3b11a8b49c2a3ef885f8

最初のうちは夫も両親も「たまには行っておいで」と言ってくれていた。しかしあまりにも頻度が多いことから、「いい加減にしろ」と注意されたとしても不思議ではありません。なんと言っても竹内まりあ容疑者は、週に3日4日お店に訪れるほどの常連客です。遊びに行きたい、飲みに行きたい、そんな思いしか頭の中にはなかったのでしょう。

そして竹内容疑者が取った方法が、夫と両親を騙して娘を利用して自分が遊びに行くことだった。『シングルマザーで実家とも縁が切れていて、何年間も全く遊べずストレスが溜まっていた』ということであれば、同情の余地もあります。

しかし竹内容疑者は頼れる相手がいる環境に甘えて、協力がなくなれば自分勝手な行動に出ました。ここまで情報が出れば出るほど、呆れてしまう動機も珍しい。

9月15日追記 竹内麻理亜容疑者「エンジン切ってクーラーなし」

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者は「エンジンはかけてクーラーもつけてた」と話していましたが、エンジンを切ってクーラーはなく窓も閉めていたことが新たに判明しました。またもや竹内容疑者の嘘が明らかとなっています。

竹内容疑者は逮捕当初、「エンジンをかけ、エアコンをつけたまま車を離れたが、戻ってみると止まっていた」などと供述していたが、捜査関係者によると、その後の調べに、エンジンを切っていたことを認め始めたという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f8527eac2e6d197fd999b067e30b14432e4c6b

引用:FNNプライムオンライン

いままでもやはり娘2人をBMWに残したまま、竹内容疑者は飲みに出かけておりエンジンは毎回切っていたとのこと。エンジンをかけたままだと、不審に思い警察に連絡されたり子どもが外に出て自分の行動がバレるのを恐れたのかもしれません。

事件からすでに2週間ほど経過していますが、いまだに出てくる竹内麻理亜容疑者の嘘。まだまだ何とか自分は助かろうとする気持ちは残っているようです。

9月24日追記 「子どもは見えないようにしてた」

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者による工作は、まだまだ続いていました。BMW車内に娘2人を待たせていた間、日よけをして車内が外から見えないようにしていたと供述しています。竹内容疑者は通行人から警察に通報が入る可能性を恐れたのでしょう。もしくは単純に遊んでる邪魔をされたくなかったか。

「車内の子どもを隠すためだった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9ed057a9dcb3b0b809301300b3d10e4bdee377e6

もしこの日よけが無ければ夜中はともかく朝になれば、通行人の誰かが気付いて娘さんは助かったかもしれません。クーラーなし、外に出られない、日よけで外の様子も分からない暗い車内。竹内容疑者の帰りを待ってる間の、娘さんの恐怖は計り知れないものがあります。

竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者、当初は「ちょっと車から離れてた」と供述していました。警察もまさかここまで嘘しか付いていないとは思っていなかったことでしょう。

コメント

error:Content is protected !!