アニメ 弱キャラ友崎くん

弱キャラ友崎くん3話感想ネタバレ「風香とモーズンレクク」一人目の仲間が女の子だとしばらくデート気分で冒険できる

アニメ
引用:弱キャラ友崎くん公式サイト

TOKYO MXなどで遂に放送開始されたアニメ『弱キャラ友崎くん』。この記事ではネタバレありの感想などを交えながら、第2話について掘り下げていきたいと思います。第2話ではみみみこと七海みなみとの会話に成功するなど成長を見せた文也。3話ではファッションセンスを磨き、攻略ヒロインの選定も行います。

弱キャラ友崎くんの見逃し動画配信を無料視聴する方法と1話から最終話まであらすじ
2021年1月より放送開始のテレビアニメ『弱キャラ友崎くん』。この記事では見逃し動画配信の無料視聴方法、第1話から最終話までのあらすじ&ネタバレ感想記事、声優キャスト、キャラクター紹介、監督スタッフ、主題歌情報などをまとめています。大人気ライトノベルが待望のアニメ化です。

弱キャラ友崎くん3話『一人目の仲間が女の子だとしばらくデート気分で冒険できる』あらすじ

リア充を目指し、友崎は葵と服を買いに出かけることに。今までファッションなど考えたこともなく、店に入って何をすればいいかもわからない友崎に、厳しくも適格な指導をする葵。その攻略法に感心するが、息つく間もなく難題を課され、うろたえる友崎。リア充への道は、かくも長く険しいものである。

引用:http://tomozaki-koushiki.com/story/

休日の土曜日に大宮駅で集合する友崎文也と日南葵。約束の時間から遅刻してしまった文也でしたが、服装を一応気にして来た痕跡が伺えるため「ま、あなたなりにマシな格好しようと気を使ったみたいだし」と葵から許しを得ます。

文也「今日の目的は何だ?」

そう尋ねる文也に向けて意味深な笑みを浮かべる葵。「なにその表情・・・」と若干怪しむ文也とともに『弱キャラ友崎くん』第3話が始まります。今回のオープニング前は短めでしたね。

弱キャラ友崎くん3話『一人目の仲間が女の子だとしばらくデート気分で冒険できる』ネタバレストーリー

弱キャラ友崎くん第3話。ファッションセンス?なにそれ?状態の文也でも簡単にコーディネートが出来る裏ワザがあると話す葵。2人はVEAMSというセレクトショップを訪れます。読みはそのままビームスでしょうか笑。

そしてその裏ワザとはマネキン買い。これは実際にオシャレ初心者の方に向けたファッション記事でもおすすめされてる技ですね。店員さんがそのお店で売っているアイテムでコーディネートしているので、誰でもサクッと上級者の真似が出来ると葵。

どのマネキン買いにするか選んでみてと葵に言われ、分からないなりに選んだところ「じゃあ店員さんに声かけて試着してきて」と言われて困惑する文也。

文也「試着!?これそのまま買うのじゃダメなのか!?」
葵「サイズの問題があるでしょ」

この前までアタファミ中心の生活で、店員に話しかけて洋服を試着なんてして来なかった文也はド緊張状態に。「ほら早く!」と葵に急かされて店員さんに話しかけに行きます。

文也「あの・・・マネキンください!」

やっちゃいました。

引用:弱キャラ友崎くん公式サイト

何とかマネキン買いが出来た文也と葵は、お昼ご飯を食べにレストランへ移動。この日は午後に美容院の予約を葵が勝手に入れていることを知り、「美容院!?」と再び慌てふためく文也ですが「声が大きい」と一喝。

トマトチーズハンバーグのセットを選ぶ文也に、和風ソースチーズinハンバーグを注文するからシェアさせてくれないかと葵。日南さんはチーズ好きであることが発覚しました。

第2話で会話の復習用に渡したICレコーダーの録音は聞いたか尋ねる葵。

葵「何か気づいたことはあった?」
文也「俺の声っていうか喋り方?思ってたのと全然違ってて、ちょっと驚いた。ぼそぼそ喋りすぎだろ俺」
葵「でも自分で聞いて気づけたのなら矯正できるわ。あなたはね、言葉に頼りすぎてるのよ。相槌を打つとき「なるほど」とか「そうなのか」とか、いろいろ言葉を変えてるけどトーンが全部一緒なの。だから余計ぼそぼそ喋ってるように聞こえるのよ。表情とかジェスチャーを使わないから感情を表現できてないの。」

そして新たな課題としてお昼ご飯の間、相槌は「あ・い・う・え・お」以外使わないことを指示されます。このあ行縛りが意味するところは、「あっ」とか「おお」など表情と声のトーンで表現せよというものでした。コミュニケーションが苦手な人にとっては、もはや普通にタメになる内容です。

意外とノリノリで文也が使いこなしていると、料理を運んできたのはクラスメイトの菊池風香。このハンバーグ店でバイトをしていたようです。

引用:弱キャラ友崎くん公式サイト

風香「お二人仲良かったんですね。なんか意外です」
葵「そうそう。家庭科の授業の時に仲良くなったんだよね」
文也「はあ、びっくりした」
葵「それにしてもこの間からもしやと思ってたけど、さっきので確信したわ。菊池風香、あの子が最初の攻略ヒロインよ」
文也「それってどう意味だよ」
葵「そのままの意味。風香ちゃんがあなたの彼女になるよう行動するってこと。今まで話しかけた女子の中じゃ一番脈がありそうだったからね。」

2話で泉優鈴にティッシュを持ってるか文也が聞いたときに、机の下ですでにポケットティッシュを用意していた。料理を運んできたときに同性の葵より先に異性の文也に声をかけた。この2点から葵は風香を攻略ヒロインに選んだと説明します。

服はマネキン買いで予約してもらった美容室のおかげとはいえ、少しずつ変化が出て来た文也。しっかり背筋を伸ばすことも続けていて、その努力を葵はしっかりと認めていました。そしてこちらも新たな課題として『葵以外の女の子と2人で出かける』が追加されます。

文也「2人で出かけるってそれは付き合ってるみたいなもんじゃないか」
葵「いまどき中学生だってそんなこと言わないわよ」

そして今週は毎日クラスメイトの泉優鈴に2回話しかけることも指示されます。何とか頑張って会話を試みる文也ですが、とてつもなくぎこちないので上手く行かず。それでも葵からの圧は止まりません。結局この日は1回しか話しかけられなかったものの、話題などは悪くなかったとお咎めは無し。

そして腹を括った文也は「やるだけやってやる」と、優鈴に毎日2回話しかけるミッションを実行していきます。何とか金曜日まで続けられた文也が図書室で一息ついていると、風香が話しかけて来ました。

引用:弱キャラ友崎くん公式サイト

風香「友崎くん移動教室前の休み時間って、いつもここにいますよね。私もそうしてたんです。だからずっとまた友崎くんいるって思ってて。」
文也「ごめん、俺集中してたから・・・(本読むフリしてアタファミの戦略考えてただけなんだけど)」

文也がいつも読んでいる本が自分も好きだと話す風香ですが、文也は単純に席から一番近い棚にあった本を読んでいただけ。

文也「そ、そうなんだ。偶然だね!」
風香「そう!すごい偶然!」

風香の話にごまかしながら相槌を打っていると、「こういう話するの初めてで嬉しいです!」と伝えられ愛想笑いするしかない文也。そして風香はここまで話が合った友崎くんならと、自分の秘密を打ち明けました。

風香「実は私、小説を書いてて。よかったら読んで感想を頂けませんか」
文也「菊池さんが小説を?ええと・・・」
風香「そうですよね。こんないきなりで迷惑ですよね。」
文也「いや!全然迷惑じゃないし!大丈夫!俺でよければ!」
風香「あの、このことは秘密で。まだ誰にも見せたことないですから」

最後は本に出てくる言葉『モーズンレクク』と文也に言わせて、風香は図書室を後にします。場面は変わって放課後。完全に風香ルートに入っている様子の弱キャラ友崎くんは、今週の優鈴に毎日2回話しかける課題もクリア。そして人生というゲームには他にはない特徴があると葵は熱弁します。

引用:弱キャラ友崎くん公式サイト

葵「人生はね、戦闘に負けたときにこそ経験値が入るものなのよ。とりあえず優鈴との経験値稼ぎは終わりね。これでレベル3にはなれたはずよ。」
文也「まだ3か」

そして文也が学校から帰ろうとすると、校舎の外で優鈴が俯いて座っているのが目に入りました。課題はクリアしているものの気になる話しかけます。「なんか用?」とドライな優鈴に「顔暗いね?」とストレートに伝え怒られる文也。触らぬ神に祟りなしと言わんばかりに立ち去ろうとしますが、「友崎ってアタファミ強いんだよね?教えてよ」と優鈴が尋ねます。

文也「・・・は?」

文也と優鈴の間に急展開が起きたところで、『弱キャラ友崎くん』第3話はエンディングとなりました。

弱キャラ友崎くん3話の感想「ハンバーグが結構高い」

弱キャラ友崎くん3話はまず文也の服を買いにVEAMSに行くところから始まりましたが、店員さんに話しかけるの何か緊張するのはすごく分かると共感しかありませんでした(笑)。1回話すと普通に会話は続いても最初の一言が難しいんですよね。

そのあとは葵と昼食でハンバーグを食べに行っていましたが、気になったのはメニューに書かれた値段でした。文也が頼んだトマトチーズハンバーグも和風ソースチーズinハンバーグも1480円(税抜)と割といいお値段。

文也の実家も葵の実家も広かったですしマネキン買いをしたりするところを見ても、結構いい家庭の子であることが伺えます。バイトしている様子もありませんが、こういうところが気になるのは貧乏人の性。

風香がティッシュにくだりから文也のことを気にしていたのは、同じ本を読んでいた(と勘違していた)からでした。ちなみにモーズンレククを調べてみましたが造語とのこと。風香ルートかと思いきや優鈴フラグも立った文也ですが、努力している様子が描かれているので嫌な感じがしないのは弱キャラ友崎くんの特徴ではないでしょうか。

引用:弱キャラ友崎くん公式サイト

弱キャラ友崎くん4話『ダンジョン攻略後に村に帰ると強いボスがいたりする』

弱キャラ友崎くん第4話は3話ラストで頼まれたように、泉優鈴に対してアタファミの特訓を行います。何かと絡んで来ていたクラスメイトの中村修二がアタファミ好きということで、自分も出来るようになって仲良くなりたいという狙いのようです。

そしてもはや文也への好感度MAXなのでは?という様子の菊池風香は、同じ作品を好きな人が身近にいたことへの喜びを隠そうとしません。文也と風香の話が進むのか、優鈴との話が進むのか、それとも両方なのか。みみみの出番は・・・?

弱キャラ友崎くん3話まとめ

少しずつ日南葵の特訓の成果が出ている文也ですが、あまりその辺り本人は気付いていなさそうな雰囲気も見え隠れしていますね。読書少女の菊池風香とゲーマーの文也という組み合わせですが、どこかで本を読んでいないと打ち明けるのか。それとも黙ったままなのか。

文也の性格からすれば打ち明けそうではありますが、そうなると風香のリアクションが気になるところです。「人生は失敗したときに経験値が増える」とセミナーのようなセリフも飛び出た弱キャラ友崎くん第3話でしたが、第4話でも葵先生による講義はタメになりそうです(笑)

弱キャラ友崎くん第3話の無料見逃し配信を見る方法と各話感想記事一覧

コメント

  1. 匿名 より:

    葵のセリフの
    『人生はね、戦闘に負けたときにこそ経験値が入るものなのよ。……』
    これには同意しかねるな。

    優鈴に話しかけようとするも、ごちゃごちゃまごついて話しかけられなかったから このセリフが出てきてるけど……あれじゃ優鈴が友﨑君にキレて『もう話しかけて来ないで!』ってキレられて、他の人もそれ見てたら経験値どころの話じゃないでしょ……

    それに
    友﨑君のセリフの『2人で出かけるってそれは付き合ってるみたいなものじゃないか』はあながち間違いではなくて、クラスの異性と二人きりで出かけるのは男子でも女子でもそんなに簡単な事ではない気がするけどなぁ……下校途中やら放課後に~って言うのならまだしも……
    それとも今時のDKやJKってそんなモンなの?

error:Content is protected !!