生活

駐車場パパとはどういう意味?急増する理由や2つのパターンを紹介

生活

駐車場パパという言葉が生まれて来ているそうです。

聞きなれない言葉だったので駐車場パパとはどういう意味なのか調べてみました!

 

その結果分かったことをまとめてみましたので紹介したいと思います。

それでは早速ですが行ってみましょう~

駐車場パパとはどういう意味?

 

駐車場パパとはテレワーク・リモートワークを駐車場、つまり車の中でする父親・旦那さんのことを指す言葉です。

自宅ではなく止めてある車に居るから『駐車場パパ』ということでした。

 

在宅勤務をする会社は今も多くありますが、なぜ車の中で仕事をするケースが出ているのか。

単純に車で仕事をするのが好きという理由もあるかもしれませんが、そうではない場合もあるようでした。

駐車場パパが増えている理由は?

駐車場パパが増えている理由として、在宅勤務になったものの自宅に居場所がない旦那さんが居るようです。

これまでは会社勤務だったので一般的には平日は朝と夜、1日自宅に居るのは休日だけでした。

 

しかしテレワーク・リモートワークとなったことで、毎日朝から夜まで自宅に居ることになります。

そうすると奥さんと上手く行ってない場合などは、居心地も悪くなり家に居たくない、居られないということも。

 

また、それとは別に自宅に在宅勤務をする環境が整っていない場合もあります。

自宅で生活と仕事を共有できないので車で仕事をするパターンですね。

駐車場パパ=奥さんと上手く行ってないだけではなく、様々な事情が考えられるようです。

 

駐車場パパが増えている多くの理由、そして原因はどちらにしても自宅にあるということでした。

駐車場パパにある2つのパターンの内容は?

 

駐車場パパは夫婦間が上手く行ってない場合や環境が整っていない場合に、テレワーク・リモートワークの必要があることから生まれた言葉でした。

車内で1日を過ごすこと自体には慣れたとしても、結局は自宅に帰らないといけません。

 

もともと居場所がなくて駐車場パパとなっている場合は、逆に車の方が落ち着くなんて場合も考えられそうです。

夫婦だけで生活して上手く行ってなかったり子どもが年頃で「パパ嫌い」と言った状態だとなかなか帰るのも辛いものがあります。

 

一方で夫婦やお子さんも含めた家族で話し合って納得して駐車場パパになっている場合は、そういう面では楽かもしれません。

身内のサポートがあるだけでも仕事の辛さは全然変わってきますよね。

 

また、どちらの場合でも狭い車内で1日を過ごすことになるので、駐車場パパの注意点は体調になるようです。

せめて2つ目のパターンのように自宅に帰れば心安らぐ空間だけど、仕事は話し合って車でするという状況になれば良いですね。

最後に

今回は新しく耳にした言葉『駐車場パパ』について紹介しました!

まとめ
  • 駐車場パパとは止めてる車の中で仕事をする旦那さんのこと
  • 駐車場パパとなっている理由は自宅に居場所がない、環境が整ってないなど
  • 自宅に居場所がないパターンは帰るのも辛いと考えられる
  • 一方で納得しているパターンは家に帰ればリラックスできる

 

自宅で仕事をしていても机がなかったり、長時間座ってしんどくないイスが無いなどの声もありました。

そうした中で駐車場パパのように自宅で仕事が出来ない状況で、テレワーク・リモートワークと言われると悩みの種となりますね。

 

車で仕事をする際に快適に過ごす方法を紹介している記事がありました。

在宅ではなく在車勤務。日産が提案する正しいクルマの使い方はアリだ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

こうした駐車場パパや自宅での在宅勤務をどうして行くのかは、今後の課題として考えられていきそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!