スポーツ

【動画】浦和サポがマリノス戦でまたルール違反「4回も注意されてる」2週間ぶりの炎上

スポーツ
引用:Twitter

2020年11月14日に日産スタジアムで行われた、J1リーグ第27節の横浜F・マリノスvs浦和レッズの試合。10月31日にもアウェーの大分トリニータ戦で問題行動を起こしていた浦和レッズのサポーターが、再びマリノス戦でルール違反の行動を起こして炎上騒ぎになっています。

毎年のように起きる浦和レッズサポーターによるこうした問題ですが、いつまで経っても解消される気配はありません。

浦和レッズサポーターがマリノス戦でルール違反

浦和レッズのサポーターがルール違反の行動を起こしたのは、2020年11月14日の日産スタジアムで行われた横浜F・マリノス戦。この試合は指定席で販売されているにも関わらず、販売されていない空席エリアに集合する浦和サポーターのみなさん。

ホームの埼玉スタジアム2002だけでなく、アウェーでも迷惑をかけることを躊躇わない浦和サポーター。一部のサポーターによる行動ではあるものの、浦和レッズサポーターに良い印象は残念ながらあるとは言い難い。

当然ながら場内アナウンスで「指定席で観戦するように」と注意されます。それも4回。ルール違反する俺らかっけえええとでも思っていそうです。幼稚園の子どもでも守れることを注意される行為が、恥ずかしいとは感じていないのでしょう。

試合展開はマリノスが後半22分の時点で5-1でリードという大差の展開。場内アナウンスで4回注意された浦和サポーターの皆さんは試合に飽きてしまったようで、試合途中で横断幕を撤収して帰り支度を始めます。クラブがどれだけお願いしてもルールを守らない浦和サポーターを散らばらせるには、さっさと試合を決めてしまうのが唯一の解決策だったようです。

現在Jリーグでは声を出しての応援は禁止されていますが、この浦和サポーター達はもちろんそんなことはお構いなしです。逆にどういったルールなら守れるか聞いていった方が、早いのかもしれません。さらに現地の方によると禁止エリアにも入っていたとのこと。呆れるばかりです。

【動画】浦和レッズサポーターは試合後にお決まりのブーイング

結局この日の試合は6-2というスコアで横浜F・マリノスの勝利で試合終了。サポーターは観戦マナーすら守れず、チームはボロ負けと踏んだり蹴ったりの浦和レッズ。当然のように選手たちへのブーイングが行われます。

もう何年間も同じような光景を見ている気がしますが、選手たちも相手にしていられないと感じたのかゴール裏スタンドまで行かずに挨拶を終わらせました。

浦和レッズサポーターは大分トリニータ戦でもルール違反

10月31日に行われたJ1リーグ第25節、大分トリニータvs浦和レッズでもルール違反を起こしていた浦和サポーター。「俺らやばすぎ(笑)」とでも仲間内でゲラゲラ笑っていそうですが、わざわざ大分まで来て迷惑行為をしてトラブルを起こして帰る。Jリーグ側の何かしらの対応も必要なのでは?

さらに帰りのバスの中でも大騒ぎをするなど、スタジアムの外でも社会マナーを守れない人たち。しっかりルールを守っている浦和レッズサポーターの皆さんが不憫ですが、今シーズンの残り試合で騒動が起きないと思う人の方が少ないのが実情でしょう。

浦和サポによる日産スタジアムでのトラブルは2年連続

現在の社会情勢を踏まえて賢明に試合開催をしているJリーグ運営、全力で協力して今日の試合が無事に終わる協力をしている9割のサポーター。それでもマリノス戦や大分戦のように1割の浦和サポーターによって台無しになりかねません。

そんな浦和サポですが日産スタジアムでトラブルになったのは2年連続でした。

このときはマリノスサポーターの行動にも大きな問題がありましたが、事の発端は浦和サポーターが横断幕が禁止されてるエリアに出したことから。それがなければトラブルにもなっていなかったでしょう。

ちなみに2019年にトラブルになったマリノス戦を受けて、浦和レッズ代表の立花洋一氏は「ルール違反を根絶する」とコメントしていました。まだまだ道のりは長そうです。

コメント

error:Content is protected !!